低収入の婚活

低収入で結婚できるのか!?

年収200万円以下は低収入と言われています。

 

低収入で結婚を考えた場合、どのようにしたらいいいのでしょうか。

 

年収が低いと、結婚することができないのでしょうか。

 

どうしたら結婚をすることができるのでしょうか。

 

まず低収入とは、本当はいくらからなのかを定義します。

 

そして低収入で結婚をするには、どうしたらいいいのかを考えます。

 

低収入の婚活

いくらから低収入?

一般には、総年収が300万円以下だと低収入だと言われています。

 

これは純粋に額面だけなので、実際の手取りは200〜250万円です。月収にすると手取り16〜20万円になります。

 

低収入として生活保護を受けるとなると、厚生労働省的には200万円前後となります。

 

これは明確に定義されているわけではありませんが、年収200万円は確実に低収入ということになります。

 

もし年収300万円以下が低収入となると、かなりの割合に人が低収入ということになってしまいます。

 

そこでこのブログでは、年間で手取りが200万円以下を低収入と定義します。

 

年収が300万円前後なら、普通に結婚することができるでしょう。30代で正規社員の人でも、このぐらいの給料の人はざらにいます。

 

年収が200万円以下の人は、非正規つまりアルバイトであることが多いでしょう。

 

非正規の人が増えている現代、低収入の人の割合は3割から4割と言われてています。

 

ではそうした低収入で結婚をすることができるのでしょうか。

 

低収入の婚活

低収入で結婚するために探すのは共稼ぎOKの女性!

低収入で結婚をするためには、それでもいいという女性を探す必要があります。

 

良く婚活ニュースに出てくる、結婚相手には年収500万円以上を求める女性は論外なわけです。

 

ではどういう女性を探せばいいかと言うと、共稼ぎをよしとする女性です。

 

実は共稼ぎの夫婦の割合は、確実に増えているのです。

 

共稼ぎの割合
共働き等世帯数の推移(男女共同参画白書 平成27年版平成26年度男女共同参画社会の形成の状況より)

 

逆にいうと、女性も共稼ぎをよしとしないと、結婚できない状況にあるのです。

 

高収入の男性と結婚したい、と願望を持つのは女性の勝手ですが、そうした高収入の男性は結婚相手に困らないので、婚活の現場にはいないのです。

 

つまりそうなると、女性としても、年収については妥協し、共稼ぎを前提にして結婚を考えないといけなくなっている、ということです。

 

平成26年度では、500万円以上の収入がある人は、27.8%。全体の3割です。婚活をしている人がこの割合とは同じではありませんが、高額収入の人が婚活をしたとすると、その割合はこれ以下になることは間違いがありません。

 

給料割合
(平成26年度 民間給与実態統計調査 - 国税庁より)

 

こうなると婚活をしている女性の上位2割程度の人しか、高所得の男性と出会うことができず、残りの8割の人はあぶれてしまうのです。

 

もしそれでも結婚したいとしたら、年収に関しては妥協が必要になる、つまり共稼ぎを認めないといけないのです。

 

ですので、低収入だからと結婚をあきらめるのではなく、共稼ぎを認める女性を探すことで、結婚できる可能性がでてくるのです。

 

つまり低収入200万円の人が結婚するために探すのは、共稼ぎを前提にして相手をさがしている女性と言えるのです。